腸内環境 改善 期間

素早く治す!腸内環境を改善するのに必要な期間は?

 

腸内環境が整うと、便秘や肌あれが良くなるって聞きますよね。
私も、便秘や肌あれに悩んでいましたので、腸内改善に取り組むことを頑張りました。
でも、始めるまでは、改善するまでにどれくらいの期間かかるのだろう。
長いとなると続けられるかな・・・
そんな不安も頭をよぎりました。
私は、改善までの期間がしっかりと分かっていた方が、取り組める性格でしたので。
あなたも、そうではありませんか?
今回は、あなたも興味を持っていらっしゃる改善するまでの期間についてご説明させていただきます。
また、素早く改善させる方法もご紹介しますので、ぜひ試してみてくださいね。

 

腸内環境のバランスが崩れると、悪玉菌が増えることで、おならが臭くなったり、便秘になります。
腸内には代表的に、善玉菌:悪玉菌:日和見菌が生息しており、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7の割合で生息していることが、腸内環境が整っている状態です。
しかし、悪玉菌が増殖することにより、便秘やおならが臭くなるといった症状が出ます。
その一方で、善玉菌は蠕動運動を活発化して、便通を良くしてくれるのです。
また、善玉菌は有機酸という酸性の物質を発生させます。酸性の状態が苦手な悪玉菌は、善玉菌が増殖することで減少します。
そのことを考えると、腸内環境が改善するには善玉菌を増やし悪玉菌を減らすことが大切になります

 

では、腸内環境を改善させるためには、どれくらいの期間が必要なのでしょう。
今回は、腸内環境を改善するのに必要な期間と素早く治す方法をご紹介します。

 

腸内環境を改善するのに必要な期間は?

人の体質や状態にもよるかもしれませんが、約2週間〜4週間ほどだと言われています。
口から取る食べ物により、腸内環境が改善する期間が大きく変わります。
善玉菌の栄養源になるものや乳酸菌などを摂取すると腸内環境が改善するのにかかる期間は短くなります。
しかし、悪玉菌の大好きな肉やたんぱく質などを摂取すると、悪玉菌が増殖してしまうので腸内環境を改善するのに時間がかかってしまうのです。

 

素早く腸内環境を治す方法は?

今回は、3つご紹介します。

 

1. 腸内に良い食事。食生活に気をつける。

善玉菌を増やすために、ヨーグルトを食べたり、食物繊維を食べて腸内をきれいにしましょう。
そうすることで、腸内に生息している善玉菌が増えて、腸内環境が改善するのにかかる期間が短くなります。
  肉やたんぱく質は、悪玉菌を増やしますので、食べる量には気をつけましよう。

 

2. ストレスのケアをする。

善玉菌は、ストレスを受けることで減少してしまいます。
また、自律神経にストレスが影響を及ぼします。
そのため、ストレスを受けた腸内はうまく蠕動運動ができなくなり、便秘になってしまいます。便秘になることで、悪玉菌が増加し、腸内環境が悪化するのです。
できるだけストレスを溜めないようにするために、好きなことをしてストレス発散させたり、家族や友達に愚痴を言うことも大切です。

 

3. 運動をする。

運動不足のために腹筋が弱くなり、蠕動運動がうまく働かなくなることで便秘を起こします。
そのため、悪玉菌が増加して腸内環境が悪化してしまうのです。

 

 

まとめ

腸内環境は、個人差はありますが、2週間〜4週間ほどで改善させることができます。
改善させるためには、腸内に生息している腸内細菌をバランスよく保つことが必要になります。
自分に合った食生活やストレスケア、適度な運動を心がけて、腸内環境を整えましょう。