下痢臭 おなら

下痢臭のおならを感じたら、腸内環境がボロボロです

 

下痢臭のおなら・・・
自分が発したおならが、下痢の臭いがしたら、すごく悩みますね。
そして、何か体に原因があるのではないかと、不安になりますよね。
そうなのです!!
下痢臭のおならは、腸内環境がぼろぼろの可能性があります。
今回は、下痢臭のおならが出る原因を3つご紹介します。

 

下痢

 

単純に下痢の場合、おならも下痢の臭いがします。
下痢の発生原因も、3つあります。

 

@体の中に異物が侵入してきたとき
A悪玉菌が発生させるものを摂取したとき
B善玉菌が減少し、悪玉菌が増加するという、腸内環境の崩れ

 

下痢臭いのおならの改善方法は、腸内環境を整えることです。

 

病気

 

大腸がんや潰瘍などの病気を患った場合も、下痢臭いのおならが出ることがあります。
初期症状としては、あまり現れないのですが、症状が進むことで、腸内に血液が充満し、がんが腐敗することで、酷いおならの臭いがします。
そのような体調では、下痢の頻度も多くなることから、結果として、下痢臭のおならが出ることも多くなります。

 

腸内環境がボロボロ

 

いままでの話でおわかうのように、腸内環境が悪いと、下痢になります。
腸内には代表的な例として善玉菌と悪玉菌、日和見菌が存在しています。
これらの菌の最適な割合は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7と言われています。
しかし、その割合が崩れてしまい、悪玉菌が増加することでおならの臭いがくさくなります。

 

悪玉菌が脂肪やたんぱく質を分解する過程で、有害物質であるアンモニアや硫化水素を発生し、それらが、悪臭の原因となります。
このおならは、いわゆる「下痢臭のおなら」と呼ばれるもので、大変酷い臭いになります。

 

では、下痢臭のおならがでたら、どうすればいいの?

 

まず、この段階で、腸内環境はボロボロになていると自覚して下さい。
下痢の臭いがするおならは、腸内から送られてくる非常事態宣言です。
できるだけ早い段階で、治療することが望ましいですね。

 

善玉菌を増やして、悪玉菌を抑制していき、
菌の最適な割合である
【善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7】に近づけていきます。

 

善玉菌を増やすための定番はヨーグルトなどの乳酸菌を取ることです。
乳酸菌を継続的に取ることで、腸内環境が改善されていきます。
あらたに、善玉菌を取り込むイメージです。

 

また、食物繊維を取ることもおなじく定番です。
こちらは、腸を刺激して蠕動(ぜんどう)運動の働きを活発にすることで、便通をよくします。
もともとある善玉菌を増やすイメージですね。

 

最近では、乳酸菌も食物繊維も同時に取れて、しかもダイエット効果まであるということで、コンブチャクレンズという健康ドリンクが、すごい人気のようです。
もともとはハリウッドセレブ達の間で流行っていたのが、今は、山田優さんを始めとする日本のモデルさん達の間でも話題です。

 

下痢臭のおならの改善だけでなく、ダイエットもしたいなら、試してみるのもいいかもしれませんね。

 

また、納豆もおすすめです。
納豆に含まれるナットウキナーゼ効果が、善玉菌を増やして腸内環境を整えるとも言われています。

 

まずは、なんでもいいので行動してみて下さいね。